啓発舎

マジすか? マジすよ

◆けちびし来訪。 課長、営業担当、融資担当、の3名。 全員女だ。 打てば響く、とまではいかないが、過不足ないご対応。 それだけでも今日日、貴重だ。 このところ、けちびしは、スカが多かったから、こんごは、という、期待めいた予断は禁物だが。 天下の情…

◆イングロリアスバスターズ 何度みても面白いものは面白い。 見るたびいつも思うのだが、第一章とそれ以後の落差、というか、なんというか。 ホロコーストのドキュメンタリーのすぐあとマルクス兄弟を延々見続ける、ような。 タランティーノの才能の幅、とい…

900か950メートル。 800こえてから、失速気味。 泳ぎ始めないとその日の体調はわからない。 左手に意識を集中しているので、距離は、あまり問題ではない。

ツールが始まる。 スカパー契約したので、この7月8月は、これでしのぐ。 ◆ツールのチーム紹介をみたが、知らない名前ばかりだ。 ◆エイリアン2。 前半が、思いのほかよかった。 ヒトの集団、に公平、というのだろうか、余計な思い入れを排した扱い。 キリ…

明日セレモニーで新体制始動。 この2カ月、紆余曲折、いろいろあった。 この2カ月の収穫は。 ドン・コルレオーネの立ち位置でゴッドファーザーを見られるようになったこと。

900メートル。 後半の伸びが、先週ほどではなかったか。 水泳のよいところは、ごまからないんだよね。 手を抜くとたちまち失速する。

高円寺。 ずいぶん久しぶりだ。 おやじ二名と打合せ、というかすり合わせ、というか。 利害に不一致のないやりとりをするのも、久しぶりだ。 自陣を固める、と。 北口の中華。 まばらに客がいるがらんとした店内で、昼から生ビール。 終着駅、というかんじ。…

きのうのN響はひどかった。 たいこが41番を粉砕した。 1stVn埋もれて早いパッセージが不明瞭。 音楽が横に流れない。 モーツァルトをどこまでダメにできるか、という実験、か。 縁を切るにふさわしいコンサート。

事務の用事が少しずつ、はける。

ジャッカルの日 こないだのフランティックでも感じたことだが、おフランス映画、ジャッカルは純正おフランスとはいえないが、の、なんというか、素っ気に感じは、いい。 天井桟敷なんかもそうだ。 ジャンルイバローは、深刻ぶると、とことんダサいが、隙、と…

950メートル。 きのう休みだったせいか、混んでいた。 800すぎたあたりから調子が上がってきた。 なに飲んでもおいしい。

早めに昼めし食って念のためネットで確認したら、本日お休み、でやんの。 ずっこけるぜ。 玄関払いも何度かあったから、こうして一応当日「利用予定表」をチェックするようになったのが、不幸中の幸い、と、いえようか。 プール行くと、そのあと玉突き式にや…

峠を越した。 7月から新しい体制だ。 雨上がりの緑が美しい。

市場が盛り上がっている。 海の向こうも、こっち側も。 めでたいめでたい。

900メートル。 距離ではない、肩だ。 割といいかんじ。

チャリで赤坂。 距離は近いが、高低差のせいで、あまり足が向かない。 弁慶堀が結界。 帰り、新宿通りまで登り切ったあたりで、いつも、やっと日本に帰ってきた、という気分になる。 気配が全然違う。 アジアの油断ならない雑踏。 毎度おなじ繰り言になるが…

数字をやっていると、いろいろわかる。 概して、ゆるやか。変動が。 日常の事象と数字は、かならずしも連動しない。 大きなこしらえが大事、ということです。 ここ数年の守備的なポジション取りが、ここにきて奏功している、ということか。 実質新年度入り。

メガネ忘れて、そのままプールはいったら、50メートルもたなかった。 取りに帰ってロスタイム15分ぐらいか。 距離より、肩だ、と思って上半身をつかったら、ペースみだれた。 肩は張った。

荻窪。雨。 トホホもあり収穫もあり。 ルミネは賑わっていた。

書類整理していたら、N響更新案内を発掘した。 6月中に回答しないと、口座引き落としされてしまうそうな。 ほっときゃ解約、ではないようだ。 そうですか。 今の時点では、さすがに、通い続ける気合はどこさがしてもないが、せっかく6月中だというんで、も…

◆オニヤンマ群舞す。 ゴージャス。 ◆なんか、ヒヨドリがおおいぞ。 どうもこいつは。 こぶりのカラスというかんじ。 春爛漫というか、爛熟というべきか。 軽安なり。

伏兵で思わぬ展開。 うれしい誤算というべきか。 予断をゆるさない状況では、ある。

900メートル。 はなから体重く、500で限界かと思いきや、700ぐらいから急に軽くなった。 毎回だが、体の調子は、やってみないとわからない。 数字が大詰め。 最後の、かましを、今日、はねのけた。 今回の一連の出来事は、ヒトといういきものについて、この…

スタバ。 はかどらず。 なぜ、銭金するか。 およそ静、とか安とか、そういうコトバが示す環境を確保するため。 これは、ヒトヒトを排除することで、ほぼ達成できる。 ヒトヒト排除のためには、多少の銭金が要る。 ほんのささやかな。 そのための銭金である。…

朝方は、ヘリの音、というか、振動というか、で、目が覚めた。 昼、北の丸でひまそうなのがいたから、どっから来た、と聞いたら、板橋、と。 地方の応援は、あまりないみたいだ。 このまま梅雨か、という天気が続いたが、今日は、晩春の陽気。

そこら中におまわりが立っている。 右翼もさわいでいる。 というわけでバイデン来日。

950メートル。 今週の過ごし方から、先週にまして体力低下、と思いきや。 後半、調子上がったさ。 わからんもんだ。 というわけで、峠越したか。

850メートル。 上出来だ。 両正面作戦になってきた。

スタバ。 はかどることははかどるが。 こんなに払うのかよ。冗談じゃないよ。

昨日の打ち合わせが節目だ。 新しい秩序の土台ができた。 あとは、先方の敷いたレールにのっかるだけ。 5月中が目途。 次回は木曜だ。