啓発舎

マジすか? マジすよ

ブルックナー7番 エッシェンバッハ N響

 カメラワークがうっとおしい。

 奏者のアップばっか。

 冒頭ホルンとチェロでチェロのトラor研修生のアップを延々と抜く。

曲想とおよそ一致しない。

引いたり寄ったり。

 

貧すれば鈍す、というこの国のいまを象徴するような。

 

びわこ 薔薇の騎士

 宝塚

 

つばめ、とか、仮面舞踏会とか、複数回もているが、こう、引っかかりが、ない。

 

リヒャルトで感心するのは、出来の良しあしがまるでない。

ナクソスもアラベらもカプリッチョもリヒャルト印、金太郎あめ。

都響 インバルのブルックナー9番

ブルックナー交響曲第9番 ニ短調 WAB109 (2021-22年SPCM版*第4楽章付き)[*日本初演]

池袋。

 

◆「初演」の終楽章がなかったら名演

都響の合奏能力にびっくり

 

まず、ホルンとティンパニを誉める。

言うことなし。

低弦。

チェロのふくよかな響きは、日の本一だ。N響なんか問題にならない。

これにコントラバスが加わる音圧、迫力。しかも、しなやか。

 

なにしろホルンおよび持ち替えワグナーチューバがよいので、弦の合奏とあわさった響きは、三国一、いや世界で一番でないの。

ベルリンフィルの生聞いたことないけど。

 

一連の流れの頂上で混濁しない黄金色の音響があふれる時空間。

などと俗流批評家のような言葉をつい羅列してしまう。

 

ブルックナーは、実演きかないと、と、つくづく思った。

 

これで弦の内声部にもうすこし気合がはいれば、都響、この国では、一等賞じゃないの。

,

これにインバルさんがどこまで関与していたか、インバルさんの材料不足で当方には判断できない。

が、オーケストラの自発性をここまで引き出したのは手柄だ。

 

終楽章は、どうでもいいや。

素材がとっちらかったまま投げ出されて、そのまま終わる。

うねりながら頂上へ、のカタルシスがないと、ブルックナーではありません。

1000歩ゆずって断片にはそれぞれ正当性がある、としても、これも疑わしいが、ブルックナーは、ここから呻吟始めるのだ、おそらく。

これをどう構成するか。どう展開するか。

神に捧げているわけですから。

 

都響再発見の収穫はあり。

年寄り割引はあるし、スポット参戦するか、これから。



◆Irish national opera Salome

 ライブストリーム

 実に見事な舞台。

 

 歌手はどの配信も一流なので、地域の差は今はない。

 オーケストラは座付きだからそうもいかない。

 配信なので、生音ではないが、このオーケストラ、指揮者のリヒャルトは、よかった。

 当方の好みもあるかもしれない。

 リヒャルトは、内声部を含めて、きちんと音を出す解像度の高い演奏がよい。

 もやもやしたらダメ。

 編成をしぼっているのだろうが、それが奏功したか。

パルマのトスカ

 ライブストリーム

 ファビオ・サルトーリの画家が、かっさらった。

 ルカ・サルシのスカルピアは、スカラ座より強面で、ますらおぶり

 三幕のアリアを二度やったのは、指揮者の度量か。

 演出は簡素だが、必要十分。

 

◆ヤノフスキのブラ1

 躯体がしっかりしていると、こうなる。

 終楽章の内声部がこれだけきっちり聞こえるのはチェロ弾き冥利だ。

 

今日は立て続けに良い音楽にめぐりあえた。