啓発舎

マジすか? マジすよ

◆けちびし来訪。

 課長、営業担当、融資担当、の3名。

 全員女だ。

 打てば響く、とまではいかないが、過不足ないご対応。

 それだけでも今日日、貴重だ。

 このところ、けちびしは、スカが多かったから、こんごは、という、期待めいた予断は禁物だが。

 

 天下の情勢は、相変わらずのようだ。

 インバウンドは起爆剤まではいかない、と言っていた。

 建築費高騰。

 株も為替も不安定、と。

 現金豚積みが正解、と。

 預金はケチビシ金利低いから他所に逃げてる、といったら、それは別に構わない、と。

 

短い時間で、結構実りあった。

 

ヒトと話すとき、いったん自分の頭の中でかみ砕いたり再構成してからいうのが習い性になっていたが、今日のように、普通に話して通じるのは、貴重だ。

 

人員整理は、これからが本番だ、と。

そっちはそっちで相変わらずたいへんなようだ。

 

 

 

 

◆イングロリアスバスターズ

 何度みても面白いものは面白い。

 見るたびいつも思うのだが、第一章とそれ以後の落差、というか、なんというか。

 ホロコーストのドキュメンタリーのすぐあとマルクス兄弟を延々見続ける、ような。

 タランティーノの才能の幅、というか濫費というべきか。

 ブラビ、バカっぷりの光芒を放つ。

 おれは、ブラビは、スカが多いのだが、これとか、ゲイリーオールドマンと組んだロマ族のやつとか、純粋バカのキャラのみ、よい。

 

◆ジョンカーペンター二本

 遊星からのなんとか、と、ガキのやつ。

 冒頭のヘリがお犬様を追っかけるところ、ん、なんだなんだ、という、つかみ、は、よい。

 後半は消化試合。エイリアンと一緒。

 ガキの奴は、なんでしょうね。

 おとなが、みんな、間抜けです。

 

 両方、二度見る映画じゃないな。

ツールが始まる。

スカパー契約したので、この7月8月は、これでしのぐ。

 

◆ツールのチーム紹介をみたが、知らない名前ばかりだ。

◆エイリアン2。

 前半が、思いのほかよかった。

 ヒトの集団、に公平、というのだろうか、余計な思い入れを排した扱い。

 キリスト教由来の正邪の文法がないのは、よい。

 後半は、いつもの、で、退屈。

 拾い物、といえる。

 

このかんじで、この異常な、いや、これからこれが普通になるか、季節をやり過ごす、つもり。

高円寺。

ずいぶん久しぶりだ。

おやじ二名と打合せ、というかすり合わせ、というか。

利害に不一致のないやりとりをするのも、久しぶりだ。

自陣を固める、と。

 

 

北口の中華。

まばらに客がいるがらんとした店内で、昼から生ビール。

終着駅、というかんじ。

毎度だが。

 

きのうのN響はひどかった。

たいこが41番を粉砕した。

1stVn埋もれて早いパッセージが不明瞭。

音楽が横に流れない。

モーツァルトをどこまでダメにできるか、という実験、か。

 

縁を切るにふさわしいコンサート。

ジャッカルの日

 こないだのフランティックでも感じたことだが、おフランス映画、ジャッカルは純正おフランスとはいえないが、の、なんというか、素っ気に感じは、いい。

天井桟敷なんかもそうだ。

 

ジャンルイバローは、深刻ぶると、とことんダサいが、隙、というか、素、がでるところは、笑える。

 

フランティックの、おまわりの他人事感、ホテルのフロント、というか、いまならコンシェルジュというのか、の、なんだろねこのヒト、のかんじ。

 

なんか、いま、いちばんしっくりくる、このニュアンスが。

早めに昼めし食って念のためネットで確認したら、本日お休み、でやんの。

 

ずっこけるぜ。

 

玄関払いも何度かあったから、こうして一応当日「利用予定表」をチェックするようになったのが、不幸中の幸い、と、いえようか。

 

プール行くと、そのあと玉突き式にやることができるので、翌日まで自分の身柄は、確保、というか、なんというんでしょうね、拘束、でもないな、なんだろ、時空に乗る、というのも大げさか、いやそうでもないか、要するに、一人称では表現しにくい、他律的に時間が流れ、要は軽安、到着、という、自分にしかわからない表現をするしかない。

 

これ、明日に延期ね。

 

なんかありますか。

◆マーケット

 この国は、株より、長期金利の動向です。

 これが上がると、じべたマーケットにはてきめんです。

 実需は、たぶん、総崩れする。住宅ローンぶっ飛ぶ。みんな、見栄で、いまn金利でぎりぎり組んでるのだから。

 それはどうでもいいが、収益系ですよ。

 ここ数年の駅地下せいぜい30坪、容積率300%、新築プレミアム5割増し、でぎりぎり4%物件は、壊滅です。

 佃煮状態で市場に放出。

 あたりで、重い腰あげるか、というところですか。

 いずれにしろ、いまは、キャッシュあるのみ。

 インフレだろうが、なんだろうが、株も債券もダメ、ひたすら現金。

 

 企業の自立的な賃上げは、まず、期待できないので、ヒトビトはますます困窮する。

 おれが日々接しているのは、銀行をのぞけば、中小企業ばかりなので、どれだけ苦しいか、ひりひりするほどわかる。

 

銭金に関しては、この国は、この先、いいことぜんぜんないです。

 

日銀が耐えきれなくなった金利上昇、国債利払いで国庫すっからかん、MMTだかなんだかわけのわからない理屈でじゃぶじゃぶばらまいてきたつけを払うXデイは迫るのか。

 

アメリカが利上げで景気冷やしてもじゃぶじゃぶから脱して正常化しよう、というのは、健全である。

 

この国の得意技、先送り戦術が、この先、どういう局面に向き合う、対峙せざるをえないことになるのか。

 

この件については、おいらも巻き込まれますから、野次馬であり続けるわけにはいかない。

 

 

当面は、キャッシュワリワリです、改めて。