啓発舎

マジすか? マジすよ

上賀茂神社 曲水の宴

朝から上賀茂へ。
ずいぶん久しぶりだ。
おととしの夏、仕事のからみで、殆ど毎週末この辺りを徘徊していたのだったが、秋口にそれが一段落して以来、足が遠のいていた。下鴨まではよく行くのに。
 今回、曲水の宴を見るのが主目的。
 門前でお約束の焼餅を食って境内へ。
 紅枝垂が、きれいです。
 芝生のお庭ではフリーマーケットをやってました。
 お参り。
 野点席におよばれする。
 めぐりあわせで正客に座らされてしまい、薄茶を数服頂戴しました。お菓子は七條甘春堂。

 受け付けの横では無料でぜんざいをふるまっていて、人気です。

 宴に先立って、京都市美術館館長である村井康彦先生の特別講演。
 当方蔵書に、「茶の文化史」(岩波新書)「茶の湯人物志」(角川選書)の二冊この方の著書があり、お名前は存じ上げていた。同朋衆のこと(茶の文化史)とか、南方録の実作者とおぼしい立花実山の話(茶の湯人物志)とか面白かった印象がある。
 今日は、源氏物語の話。
 其の後、平安時代の装束に身を包んだ男女が登場、宴が斎行されます。
 いつも思うのだが、この時代の装束は、ほんとうに色鮮やかで、目が醒めるようです。
 また、色あい。
 こどもの水干も、朱、山吹、浅黄色(のようなブルー)と色とりどりでほんとに愛らしい。
 マティスが見たら、その彩りに嫉妬するんじゃないかしら。

 盃が流れ、歌人がその盃をほし、歌をよむ。
 それを、女官のような人が独特の抑揚で披講する。
 なんとも風雅な催しです。
 雅楽の生演奏つき。
  
 

 今回思ったこと。

 なんだかんだで神社に半日いたのだが、こういう古い社にずっといると、次第に、圧倒的な善意、としかいいようがない感覚に包まれてくる。混じり気のない。
 ただ清浄という。

 宗教って、善悪、正邪の二項対立を強調するものが多くないか、キリスト教はじめ。

 神道には、それがない、かどうかわからないが、おおらかな、対立するものを措定しない純粋な全てを肯定する「気」をひしひしと感ずる。

 バカボンのパパ精神。これで、いいのだ、という。

 その「気」の中にいると、なんだか、すこし次元の違う空間につつまれて、ちょっと妖しい気分になる。

 いま気がついたが、「包まれる」という表現がぴったりです。

 折角なので賀茂川ぞいを散歩。桜は葉桜になっていて、それなりに風情ありました。