プレミアムシネマ「ボーン・アイデンティティー」<レターボックスサイズ>
2019年1月14日(月) 13時00分~15時00分 の放送内容

 マット・デイモンが、記憶を失い、自分が何者なのかを探し求めながら、命を狙う組織と対決する主人公を迫力のアクションで演じ、大ヒットとなったボーン・シリーズ第1作。
マット・デイモン平田広明,フランカ・ポテンテ湯屋敦子,クリス・クーパー菅生隆之,クライブ・オーウェン楠大典,ブライアン・コックス…糸博
原作 ロバート・ラドラム,
脚本 トニー・ギルロイ,ウィリアム・ブレイク・ヘロン
監督 ダグ・リーマン
音楽 ジョン・パウエル
~2002年 アメリカ制作~ 

 

 ポイント

◆カメラワーク

◆ローマ諜報員はグレゴリーペックか

◆ヨーロッパの冬の映像美

ミニミニ大作戦

◆テンポ

◆ストイック

◆クライヴオーウェンのほうが強そうだ

◆粋

 

途中からはらはらした。

もちろんストーリーの運びなどではなく、どこかにこの緊張感のほころびがでないか、と。

 

それは杞憂におわった。

 

セロニアス文句なく傑作。

なぜ、いままで知らなかったんだろう。

 

女優も足手まとい感がない、この種の巻き込まれものにしてはクール。

マットディモンのキャスティングもよい。

歩き方なんか、全然強そうじゃない。

 

ひんやりしたヨーロッパの大気。

ヒトとヒトがらみの弛緩を排除する演出。

手持ちカメラ。

 

遊び、もひそませている。が、控えめであるべし。

ローマ諜報員のスクーターとミニミニ大作戦で十分だ。

 

どこをとってもおしゃれ。

満点。

 

で、3時すぎてしまった。これから遅い昼飯。