啓発舎

マジすか? マジすよ

東御苑。

 

ずいぶん久しぶり。

 

広い。

 

前回いつだったか、もちろん思い出せない。

 

広がる空間は、おなじだ。

 

少し気づきがあった。

 

 

記憶が、ない、というより、透き通っている、というかんじ。

 

日常が、透き通っているから、この、そうだな、3年ぐらい、記憶に、何年前、という時間の経過の感覚が、うすい。

 

そういうことです。

 

こうして、透明な日常を過ごす、ということは。

 

透明だけど、日常は、ある。

 

北の丸の水鳥は、相変わらず、お尻あげて水草を食んでいる。

 

東御苑の空は、広く、青い。

 

その日々の重なりが、目にはさやかにみえねども、風の音にぞおどろかれぬる。

 

風の音、であるとか、光のつぶつぶとか、銀杏の黄金色とか、に、そういえば、と、はっとする。

 

今日の気づき

石垣の、目立たないところで明らかに手抜きしている景色が、いいかんじ。