啓発舎

マジすか? マジすよ

代田から代官山へ

◆午前中、代田、大原方面で打ち合わせ。自宅までF氏に迎えにきていただく。
 四方山話。この方と30分も情報交換していると、市況がだいたいわかる。
 旧山手通りで降ろしてもらう。
 ASO。実は入るの初めてだ。
 特に、なんてことない、普通のカフェ。サンドイッチのセット1400円は強気ですね。
 結局、客なんだよ。客がどこでもおなじ女二人組だから、店の雰囲気がフラット化してしまうんだね。
 ロケーションでも、店の実力でもなく、人、なんです。
 こういう店は、今後も、厳しいと思いますが、ね。
 これからh、「人」を集める店が成功するんじゃないかしら。
 まずは、女禁制の店。入り浸るよ、おれは。

青葉台方面を散策。風強く、早々に恵比寿へ。

吉本隆明さんの漱石論を立ち読み。講演の筆記録で読みやすい。「坊っちゃん」と母親の関係のあたり、はて、どこかで、と思ったら、三浦雅士氏の岩波新書で読んだやつ。微妙に響きあう。どっちが先か、といえば、吉本さん、なんでしょう。

◆70平米未満のマンションは、はきだまってるんだそうだ。デフレ状況が続く限り、買い、の時期ではなさそうだ。

◆その、ASOで日経と朝日を両方、割合時間をかけて読んだ。どっちだか忘れたが、たぶん朝日で社会学について書いていた。要は、なんでもあり、はいいのか悪いのか、みたいな論調だったような。
 悪いにきまってるだろう。
 床屋政談に、「学」のハンコを押してるだけなんだから。いまさら何いってるんだ、と私など思いますね。与太なんだから。
 そいつの主観に、なんだかんだを勝手に引用しながら、「学」のハンコをおしてもっともらしくしてるだけなんだから。
 「学」をとればいいんですけどね。

 わしも、新聞読んで、無闇にけしからんと悲憤慷慨する、そこらのじじいであるわけだが、単なる。