プレミアムシネマ「東京流れ者

番組内容
不死鳥の哲こと本堂哲也は、組を解散した親分に従い、ヤクザ稼業から足を洗うが、敵対する組織の策略によってもめ事が起こり、事態収拾のため一人旅に出る…。東京を追われ、庄内、佐世保と各地をさすらう男の哀愁を、ハードボイルド、任きょう、コメディー、さらにはミュージカルと、さまざまな要素を織り交ぜて描き、鬼才鈴木清順監督の美学がさく裂する異色のアクション。大胆な色彩や美術で、海外でも高く評価されている。
出演
渡哲也,松原智恵子,二谷英明,川地民夫,北竜二,吉田毅
脚本
川内康範
監督
鈴木清順

 

清順作品に通暁しない当方にとって、この作品が、意図したはちゃめちゃさか稚拙なだけか、判断しかねる。

だが、これの次作で清順を首にした、日活経営者の判断は首肯できる。

 

三十三間堂のような、むやみに長い組事務所で乱闘する。キャメラはそれを横からとる。

これを笑ってみればいいのか、構図の斬新さに感動すべきなのか。

 

通、としてみるか、くだらねえにもほどがある、と、切って捨てるか。

 

おれは、閑か、暇か。